キッチン

【キッチンリフォーム】キッチンカウンターとシンクの選び方

決めることが多いキッチンリフォームでは、形を決めたらカウンターとシンクの素材を検討することになります。

キッチンリフォーム初心者へ向けて、キッチンを選ぶために最初に決めることは?

一昔前はキッチンは女性のフィールドでしたが、今では男性も料理をするようになり、また間取りがLDKになってきたため、キッチンリフォームにはデザイン性も重視されるようになってきました。 今回の記事ではそん ...

続きを見る

リフォームで解消するキッチンの不満!メーカーが誇るシステムキッチンの機能を抑えよう!

今のキッチンに満足していますか? 働き方改革で企業では生産性向上が叫ばれる中、家事もスピードアップを図りたいと思いませんか? もし、今のキッチンに不満があるなら、それは、キッチンが古くなり、リフォーム ...

続きを見る

最近では、デザイン性も重要視されるようになってきて、各社いろんな素材のカウンターとシンクが発売されています。

ここでは、キッチンカウンターとキッチンシンクについてどんな素材がどんな特徴があるのかをご紹介します。

キッチンカウンターの素材で変わるデザインや清掃性

現在のキッチンカウンターの主流は天板素材が「ステンレス」「人工大理石」製のものになります。

ステンレス

ステンレス製のワークトップは、耐久性が高く、清掃性が高いことから広く普及している素材です。
しかしながら細かいキズがつきやすく、塩素系には弱い素材の為、サビが発生することもあります。
人によっては無機質な業務用に感じてしまい、固いイメージがあります。
最近では、ステンレスでもインテリア性を高めたおしゃれなデザインのステンレスも増えてきています。

人工大理石

人工大理石のワークトップは、カラーバリエーションが豊富でデザイン性が高いのが特徴です。
大理石の見た目を再現して作られており、天然石は一切入っておりません。
ポリエステル系とアクリル系の2タイプあり、ポリエステルの方が価格は安めですが、細かい穴がある為、汚れが染み込みやすいのが弱点です。
アクリル系は価格は高くなりますが、中まで均質で汚れが染み込みにくくなっています。

人造大理石

人工大理石と似た名称ですが、全く別物になる人造大理石。
人工大理石には天然石が一切入っていませんが、人造大理石は天然の大理石などの天然石を粉砕して混ぜ込んで作られます。
見た目は高級感にあふれ、砕いた石の大きさ、色は世界に一つだけのデザインになります。
ただ、人工大理石に比べ、加工性が悪く値段は高くなります。

セラミック

セラミックは、包丁やフライパン等にも使用されていますが、高い温度で焼成された素材で、耐熱性と表面硬度に優れています。
ワークトップにすることでその特性を発揮し、他の素材より優秀な面があります。
熱への強さは、調理後のお鍋を置くことができ、熱による変色がほぼ起こりません。
また、見た目の高級感があるカラーが多く、オープンキッチンのような見せるキッチンには、セラミック素材がおすすめです。
難点は価格で、各社高級グレードのキッチンに採用しています。
リクシル、クリナップで発売されています。

クォーツストーン

海外では天然石のカウンターも多いのですが、高額で割れに弱い、水や汚れが浸透してしまう衛生面の懸念から日本では普及していません。
しかし、天然石が持つデザイン性や高級感は憧れるものがあります。
そこで生まれたのが、クォーツストーンカウンターです
天然のクォーツを粉砕して樹脂で結合した天板です。
天然石風合いがあり、天然石のデメリットである割れへの耐久性、耐水性が注目されるカウンターです。
タカラスタンダードが発売しています。

キッチンカウンターを選ぶポイント

「清掃性」「耐久性」「デザイン性」「価格」を確認し、自分や家族が何を重視するのか優先順位を決めめて選びましょう。

清掃性

キッチンは毎日使うものになるので、掃除のしやすさは重要な要素です。
天板とシンクが同じ素材だと一体成型のようになり継ぎ目がなく拭き掃除がラクになります。
しかし天板とシンクが異なる素材だとつなぎ目と凸凹部分のゴミが溜まりにくい形であるか確認した方がいいでしょう。

耐久性

昔は、ステンレス素材の方が耐久性が高く安心感から広く普及していましたが、最近は人工大理石の熱や傷への耐久性が向上した為、人気が出てきました。
さらにセラミック等の高耐久性の天板も登場し、選択肢は広がっています。

デザイン性

オープンキッチンが増え、リビングからキッチンが見えるようになって、キッチンのデザイン性は跳ね上がったと言えます。
見せる空間となったキッチンはリビングや住宅全体との調和がとれた素材選びが重要です。

価格

ステンレスは他の素材に比べ価格面で優位になるケースが多いのですが、それでも他の素材の耐久性やデザイン性を含めて考える必要があります。
ステンレスでもメタリックな雰囲気やプロ厨房なデザインが人気となっています。

キッチンシンクの機能性と求められるデザイン性

キッチンシンクも素材の主流はステンレスと人工大理石です。
キッチンシンクは、食器類の洗い場だけでなく、鍋、フライパン等の調理器具を洗う場所でもある為、耐衝撃性とキズのつきにくい素材が適します。
ステンレスはカウンター同様、耐熱・耐久性に優れますが、細かいキズと長く使っていると光沢が失われるという特徴があります。
各メーカーはエンボス加工やコーティングでキズの付きにくい工夫をしています。
人工大理石はカウンター一体型は継ぎ目がなく清掃性が高く、デザイン性が高い特徴がありますが、その分価格は高くなります。

シンクを選ぶポイント

清掃性

シンクの素材選びは、カウンターと同じ素材か否かで清掃性が変わりますが、最近では、シームレス加工といったできるだけつなぎ目や段差が少なくなるタイプも出てきました。

素材によって変わる水の音

シンクの素材によって水を使うとき、シンクに当たる音に違いがあります。
ステンレスシンクではシンク裏に防音加工をするなど、音をやわらげる工夫がされています。
キッチンを選ぶときに忘れずに確認しましょう。

シンクのサイズ

シンクの一般的なサイズは、間口650~850、奥行き450~510、深さ180~210となります。
一昔前は、間口1000で横側に排水口がありましたが、現在の主流は、中央部分の奥行が深くなっている形状となりました。
以前より幅が20センチほど狭くなっていますが、容量は9割程度で大きな鍋も洗え、キッチンカウンターを広く取ることを優先しています。
排水口の位置も奥にすることで水の流れを妨げにくく流れやすくしています。
更に傾斜をつけて、流れやすさを向上させたシンクも登場しています。

付加機能

専用の取り外し可能なパレットやプレートが付属していてシンクを多層に使い分けられるようにしたものやカウンターの延長を可能にしたものなど、利便性向上の機能が増えてきています。

また、シンクにつく水栓の機能も浄水器付き、タッチレストバリエーションが存在しています。

キッチン浄水器はどうやって選ぶ?知っておきたいキッチン浄水器の基本

健康意識の高まりとともについに世帯普及率が3割を超えた浄水器。 キッチンをリフォームするついでに取付けたいという方も増えてきました。 キッチンの浄水器はどうやって選べばよいのでしょうか? Conten ...

続きを見る

人気のタッチレス水栓 LIXILナビッシュと類似した商品を探してみた

コロナショックを受け、私たちの日々の生活も変化を迫らてきました。とにかく、「触れない」ということが重要な要素となっており、非接触となる商品が人気です。 今回は、宅配ボックスに次いで、人気の高いタッチレ ...

続きを見る

まとめ

キッチンカウンター選びのポイント

素材によって「清掃性」「耐久性」「デザイン性」「価格」が変わる

キッチンシンク選びのポイント

  • カウンターと同じ素材か否かで清掃性が変わる
  • シンクの素材によって水の音が変わる
  • サイズは昔と違い、カウンターの広さを優先している
  • 付属パーツを使った便利機能が増えている

スポンサードリンク




リフォームは必ず複数社から見積を取りましょう!

当サイトでは、リフォームは最低でも3社以上に見積もりをとって比較検討することを推奨しています。 あまり、多すぎても大変ですが…。

ネットで地道に検索して、リストアップ。じっくりふるいにかけて選ぶ

面倒だから取り敢えず有名なリフォーム業者を選ぶ

知り合いや伝手を頼って決める

見積を取るにはいろんな方法があると思いますが、上の3つの選び方でよいのでしょうか? 最近では、中古車や引っ越しのようにリフォームも一括で見積もりの依頼ができるサービスが出てきております。 もちろん、リフォームにも比較サイト、一括見積依頼サービスが増えてきました。 その中で、60万人以上が利用する実績No.1「リフォーム会社紹介サイト ホームプロ」をご紹介致します。





 【オススメの理由】

厳しい基準をクリアしたリフォーム会社のみをご紹介。

無料の工事完成保証がついてくる

施主の口コミと施工事例が公開されている

最初に匿名でやり取りができる

特に、リフォーム会社とのやり取りが匿名のままマイページで行える点が安心で、住所や、氏名、電話番号といった個人情報は不要。 電話や訪問などで直接営業される心配はなく、自分のペースで検討できます。 気に入らないリフォーム会社へのお断りも、ボタン1つで気兼ねなくできます。

リフォームの謎 オススメ紹介サイトランキング

リフォームほど大きな買い物は誰だって失敗はしたくありません。

リフォームを成功させるコツは多少の手間はかかっても見積を3社以上から取ることです。

そんな手間と負担を少しでも減らすためにリフォーム紹介サイトを活用しましょう!

業界No.1 利用者数、実績数ダントツのホームプロ

全国で8万件以上が掲載されており、他のリフォーム紹介サイトの追随を許さないほどの膨大な施工事例数。
希望のリフォーム案件を登録すると最大8社と匿名で相見積を取ることができます。

施工事例も希望の部位やテーマ、建物の築年数や構造から検索ができます。
イメージに近い施工事例を探しやすい点で高評価です。

紹介サイトとしては十分な歴史と実績を持つため、万人にオススメできる紹介サイト。

マッチング精度の高さなら!リショップナビ

ホームプロに次ぐ業界No.2のリショップナビ

電話でのヒアリングで詳細に要望が伝えられるため、希望に沿ったリフォーム会社を紹介される可能性が高い紹介サイトです

価格より提案力重視の紹介サイト!タウンライフリフォーム

価格重視のリフォーム紹介サイトが多い中、価格以上に提案内容やリフォームプランの比較に重点を置いたタウンライフリフォーム。 登録している加盟会社も大手やデザイン力に強みを持つ会社が多く、安心できるリフォーム会社で比較ができます。 安さを競うより、品質、デザイン重視のリフォームにお勧めの紹介サイトです。

おすすめ記事一覧

1

さてリフォームするぞ! となってもまずは何からするべきか…… 初めてリフォームをする人は当然迷ってしまいますよね。 リフォームを考え出したならリフォームが完成するまでの流れを知っておいて損はありません ...

2

さて、今このページを見ている貴方はこのステップにいると思います。 情報収集といっても何を調べたらいいか、まさに今、困っている。 違いますか? リフォームは規模や部位、内容によって千差万別、ネット上で検 ...

3

リフォームはまず情報取集。 ある程度希望のリフォームの情報を収集したら次は希望のリフォームができる会社を探すことになります。 情報収集もなかなか手間がかかりますがそれ以上にこの会社探しはもっと手間がか ...

-キッチン

© 2021 リフォームの謎