キッチン

キッチンを選ぶときに気を付けたいキッチン収納のポイントは?

キッチン収納は「吊戸棚」のないオープンキッチン形式が増えてきたことで「フロアキャビネット」の重要性がますます高くなってきました。

フロアキャビネットの機能性と収納力

デッドスペースをなくして大容量を実現。重ね置きが減らせるので、出し入れもスムーズにできます。

LIXIL:キッチン リシェルSIより

「開き戸」タイプと「引き出し」タイプ

フロアキャビネットには、「開き戸」タイプ「引き出し」タイプの2種類があります。

「開き戸」タイプは、価格面がリーズナブルで、開口部が大きく、大きなものも収納できます。
しかし、かがんで手前のものをどかさないと奥のものが取り出せない点がデメリットです。

「引き出し」タイプは、奥のものが取り出しやすく、デッドスペースがすくないので収納力が高い点が魅力です。

ここ最近は「引き出し」タイプが主流になってきて以前は高さがムダになっていたスペースも引出収納として利用できるようになってきました。

デッドスペースになりがちだった引出上部に内引き出しが設置されたタイプや引き出し手前部分に小物を収納するポケットがついたタイプもあります。

スライドレールが改良され、奥のものを取り出しやすくしたフルオープンタイプも多くなりました。
但し、スライドレールによって耐荷重が制限されるという弱点があります。

キッチン収納選びのポイント

「収納力」「作業性」「清掃性」のバランスを確認

必要なものが入る「収納力」、中のものを取り出しやすいかの「作業性」、奥まで手が届いて拭き掃除ができる「清掃性」が商品選びのポイントに挙げられますが、作業性と収納力は完全な両立は難しく、収納力を大きくすると作業性や清掃性が下がる場合がありますので、必ずショールームで確認しましょう。

安全面も重要なポイント

キッチン収納では吊戸棚には耐震ラッチがついていても、フロアキャビネットはオプションになることが多いです。
地震の際、引き出しが飛び出し、キッチンに閉じ込められることがないよう、商品を選ぶ際は、安全面も確認しましょう。

吊戸棚の選び方

調理スペースは調理だけのために使いたいから、すぐ目の前の「アイレベルゾーン」に小物収納と仮置きスペース。

LIXIL:キッチン リシェルSIより

少なくなったとは言え、吊戸棚も重要なキッチン収納です。
吊戸棚選びの際は、設置位置にも注意しましょう。

吊戸棚は高さが特に重要です。

手が届く位置か、高さに圧迫感はないか、扉を開けた際に照明に当たらないか、等が確認事項です。

最近では、吊戸棚も開き戸ではなく、ソフトダウンウォールや電動昇降式といった下がってくるタイプも発売されています。

 

デザイン性だけでなく清掃性も決める扉

キッチン収納の扉(面材)は、主に木質素材の上に樹脂系のコーティングで仕上げられています。
それによって見た目のデザインや清掃性が変わってきます。

メラミン扉:色や柄が豊富

塗装扉:塗膜のコートでキズにも強い

天然木扉:天然木の自然な風合いがおしゃれ

総ステンレス仕上:清掃性、耐久性に優れるが価格は高い。

まとめ

「開き戸」「引き出し」タイプを選ぶ

「収納力」「作業性」「清掃性」はバランスを取ろう

「安全性」も確認しよう

「吊戸棚」の設置位置に注意しよう

「扉(面材)」でデザイン性と清掃性が変わる

 

スポンサードリンク




リフォームは必ず複数社から見積を取りましょう!

当サイトでは、リフォームは最低でも3社以上に見積もりをとって比較検討することを推奨しています。 あまり、多すぎても大変ですが…。

ネットで地道に検索して、リストアップ。じっくりふるいにかけて選ぶ

面倒だから取り敢えず有名なリフォーム業者を選ぶ

知り合いや伝手を頼って決める

見積を取るにはいろんな方法があると思いますが、上の3つの選び方でよいのでしょうか? 最近では、中古車や引っ越しのようにリフォームも一括で見積もりの依頼ができるサービスが出てきております。 もちろん、リフォームにも比較サイト、一括見積依頼サービスが増えてきました。 その中で、60万人以上が利用する実績No.1「リフォーム会社紹介サイト ホームプロ」をご紹介致します。





 【オススメの理由】

厳しい基準をクリアしたリフォーム会社のみをご紹介。

無料の工事完成保証がついてくる

施主の口コミと施工事例が公開されている

最初に匿名でやり取りができる

特に、リフォーム会社とのやり取りが匿名のままマイページで行える点が安心で、住所や、氏名、電話番号といった個人情報は不要。 電話や訪問などで直接営業される心配はなく、自分のペースで検討できます。 気に入らないリフォーム会社へのお断りも、ボタン1つで気兼ねなくできます。

リフォームの謎 オススメ紹介サイトランキング

リフォームほど大きな買い物は誰だって失敗はしたくありません。

リフォームを成功させるコツは多少の手間はかかっても見積を3社以上から取ることです。

そんな手間と負担を少しでも減らすためにリフォーム紹介サイトを活用しましょう!

業界No.1 利用者数、実績数ダントツのホームプロ

全国で8万件以上が掲載されており、他のリフォーム紹介サイトの追随を許さないほどの膨大な施工事例数。
希望のリフォーム案件を登録すると最大8社と匿名で相見積を取ることができます。

施工事例も希望の部位やテーマ、建物の築年数や構造から検索ができます。
イメージに近い施工事例を探しやすい点で高評価です。

紹介サイトとしては十分な歴史と実績を持つため、万人にオススメできる紹介サイト。

マッチング精度の高さなら!リショップナビ

ホームプロに次ぐ業界No.2のリショップナビ

電話でのヒアリングで詳細に要望が伝えられるため、希望に沿ったリフォーム会社を紹介される可能性が高い紹介サイトです

価格より提案力重視の紹介サイト!タウンライフリフォーム

価格重視のリフォーム紹介サイトが多い中、価格以上に提案内容やリフォームプランの比較に重点を置いたタウンライフリフォーム。 登録している加盟会社も大手やデザイン力に強みを持つ会社が多く、安心できるリフォーム会社で比較ができます。 安さを競うより、品質、デザイン重視のリフォームにお勧めの紹介サイトです。

おすすめ記事一覧

1

さてリフォームするぞ! となってもまずは何からするべきか…… 初めてリフォームをする人は当然迷ってしまいますよね。 リフォームを考え出したならリフォームが完成するまでの流れを知っておいて損はありません ...

2

さて、今このページを見ている貴方はこのステップにいると思います。 情報収集といっても何を調べたらいいか、まさに今、困っている。 違いますか? リフォームは規模や部位、内容によって千差万別、ネット上で検 ...

3

リフォームはまず情報取集。 ある程度希望のリフォームの情報を収集したら次は希望のリフォームができる会社を探すことになります。 情報収集もなかなか手間がかかりますがそれ以上にこの会社探しはもっと手間がか ...

-キッチン

© 2021 リフォームの謎