リフォームの流れ リフォームを始める

リフォームする前に情報収集って何するの?

さて、今このページを見ている貴方はこのステップにいると思います。
情報収集といっても何を調べたらいいか、まさに今、困っている。
違いますか?
リフォームは規模や部位、内容によって千差万別、ネット上で検索してみても多岐に渡ります。
価格比較や商品の機能や仕様、デザインやカラー、調べだしたら集まってくる情報で埋もれてしまいます。
ここでは、リフォームを考え出したときに行う情報収集を効率的に行うためのポイントについて解説します。

まずはリフォームの目的を明確に

リフォームを考えるにあたって必要な情報はなんでしょうか?
相場の情報や商品の情報を探す前に、しなければならないことがあります。
貴方がそのリフォームで何を成したいかです。
つまり、リフォームの目的をはっきりさせましょう。
最低限、達成しなければならないリフォームに求める結果をはっきりさせましょう。
求める内容がはっきりと決まれば、探す情報もだいたい決まってきます。

イメージが膨らんでくるとアレもコレもとリフォームしたくなります。
単純な部位交換だけのつもりが、営業マンと話しているうちにリビングもキッチンも内装もなんていつの間にか大規模リフォームなんてことになってしまうこともあります。
後で後悔しない為にも、今回のリフォームの目的を明確化することはとても重要なことになります。
リフォーム会社の多くは、営業マンにノルマを課していたり、売上や粗利に対してインセンティブを課しています。
当然、営業マンはアップセル、つまり客単価を向上させるため、グレードの良いもの、プラスαのリフォームをどんどん提案してきます。
もちろん、良い提案は一考すべきですが、全部受け入れていては、資金が持ちません。
その時に重要な判断根拠となるのがリフォームの目的です。
当初の目的が達成されているか、当初の目的を大きく逸脱していないか。
後々、プランを立てるときにとても重要になってきます。
必ずリフォームの目的をはっきりしておきましょう。
お家に住む家族とよく話し合い目的をしっかりと共有しておくことが大事です。

ざっくりと相場を調べて予算を決めよう

次に目的に応じたリフォームの相場をざっくりと確認していきます。
リフォーム会社や紹介サイトにはだいたい金額付の施工事例が掲載されていますのでざっくりとした相場を確認していきましょう。
これいいなと思った施工事例はクリップやメモしておきましょう。
実際にリフォーム会社と接触する際、他社のものでもイメージとして見せることで提案内容の精度向上やムダなやり取りを減らすことができます。
相場を確認していると同じようなリフォームなのにずいぶん価格差があることに気づくはずです。
この差の謎は、理由があります。

リフォームの価格はどうやって決まる?

リフォームの価格は「商品代」+「工事代」で決まります。
トイレリフォームも、トイレ本体の商品代は同じでも和式から洋式なのか、洋式から洋式なのかで価格が変わってきます。
リフォームで一番やっかいなのはこの不透明な価格です。
商品代の最低価格を調べたところで工事にかかる代金は各社本当に様々で、素人にとっては判断が難しいところになります。
リフォーム業が怪しい、いい加減と言われるゆえんでもあります。
同じ会社で同じ商品を取り付けても価格が違うケースが度々発生するからです。
お家の状態によって必要な資材の種類は同じでも長さや量が違ったり、見えない配管の取り換え等が発生していることもあるでしょう。
これについては、正確に見積もったコストに一定の利率を等しく上乗せした結果という平等で良心的な会社だというケースもあるのですが、素人には分からないことをいいことに取れる客から取る会社や不必要な工事を行って高くする会社も残念ながら実在します。

悪徳業者についてはともかく、同じリフォームにも価格差が出ますし、この段階で何が違うのかまでは追う必要はありません。
ここでは、自分が必要なリフォームが●円~●円までかかることを把握して、自分が今回のリフォームでどこまでなら出せるのか、しっかりと確認しておきましょう。

商品に当たりをつける

だいたいの相場、予算が分かったら次は、実際の商品について調べましょう。
この情報収集が一番楽しい時間かもしれません。
この商品!と決める必要はありません。
というのもリフォーム商品の種類はトイレ1つとってもメーカーが何社かあり、だいたいどこもラインナップは松竹梅となっています。
ただ、各社差別化のために中級品のラインナップがやたら厚かったり、メーカーごとの特徴があったりとこんなのすべて把握していたらきりがありません。
そういったのは後で営業マンが調べてくれたり、メーカーのショールームで教えてくれますのでここで確認しておくのはリフォームの目的を達成するにはどんな機能が必要かを確認します。
メーカーのWebサイトで最新の機能や内装なら好みのデザインを探します。
また、大まかな種類も把握しておきましょう。
例えば、キッチンならI型、L型など設置レイアウト、外壁塗装なら塗料によるグレード、トイレなら形といった部位ごとのタイプ、種類があります。
それぞれ一長一短ありますので、ここでリフォームの目的が重要な決定根拠になってきます。

また、どのタイプが自分の目的にあうのか、ここはしっかりと自分で情報収集しておきたいところです。
もちろん、リフォーム会社の営業マンに確認してもよいのですが、それは答え合わせとしてです。
信頼できる営業マンじゃなければ、会社が売りたい粗利の高い商品を進めてくることもありますからね。

終わりに

いかがでしょうか?
まず、リフォームを始める前に必要な情報収集のステップについて解説しました。
これだけでもけっこうな手間がかかります。

できるだけ、当サイトで完結できるように随時、情報をまとめておりますのでぜひご確認くださいね。
商品の種類やタイプ、リフォーム別の基礎知識も随時まとめておりますのでご確認ください。

スポンサードリンク




リフォームは必ず複数社から見積を取りましょう!

当サイトでは、リフォームは最低でも3社以上に見積もりをとって比較検討することを推奨しています。 あまり、多すぎても大変ですが…。

ネットで地道に検索して、リストアップ。じっくりふるいにかけて選ぶ

面倒だから取り敢えず有名なリフォーム業者を選ぶ

知り合いや伝手を頼って決める

見積を取るにはいろんな方法があると思いますが、上の3つの選び方でよいのでしょうか? 最近では、中古車や引っ越しのようにリフォームも一括で見積もりの依頼ができるサービスが出てきております。 もちろん、リフォームにも比較サイト、一括見積依頼サービスが増えてきました。 その中で、60万人以上が利用する実績No.1「リフォーム会社紹介サイト ホームプロ」をご紹介致します。





 【オススメの理由】

厳しい基準をクリアしたリフォーム会社のみをご紹介。

無料の工事完成保証がついてくる

施主の口コミと施工事例が公開されている

最初に匿名でやり取りができる

特に、リフォーム会社とのやり取りが匿名のままマイページで行える点が安心で、住所や、氏名、電話番号といった個人情報は不要。 電話や訪問などで直接営業される心配はなく、自分のペースで検討できます。 気に入らないリフォーム会社へのお断りも、ボタン1つで気兼ねなくできます。

リフォームの謎 オススメ紹介サイトランキング

リフォームほど大きな買い物は誰だって失敗はしたくありません。

リフォームを成功させるコツは多少の手間はかかっても見積を3社以上から取ることです。

そんな手間と負担を少しでも減らすためにリフォーム紹介サイトを活用しましょう!

業界No.1 利用者数、実績数ダントツのホームプロ

全国で8万件以上が掲載されており、他のリフォーム紹介サイトの追随を許さないほどの膨大な施工事例数。
希望のリフォーム案件を登録すると最大8社と匿名で相見積を取ることができます。

施工事例も希望の部位やテーマ、建物の築年数や構造から検索ができます。
イメージに近い施工事例を探しやすい点で高評価です。

紹介サイトとしては十分な歴史と実績を持つため、万人にオススメできる紹介サイト。

マッチング精度の高さなら!リショップナビ

ホームプロに次ぐ業界No.2のリショップナビ

電話でのヒアリングで詳細に要望が伝えられるため、希望に沿ったリフォーム会社を紹介される可能性が高い紹介サイトです

価格より提案力重視の紹介サイト!タウンライフリフォーム

価格重視のリフォーム紹介サイトが多い中、価格以上に提案内容やリフォームプランの比較に重点を置いたタウンライフリフォーム。 登録している加盟会社も大手やデザイン力に強みを持つ会社が多く、安心できるリフォーム会社で比較ができます。 安さを競うより、品質、デザイン重視のリフォームにお勧めの紹介サイトです。

おすすめ記事一覧

1

さてリフォームするぞ! となってもまずは何からするべきか…… 初めてリフォームをする人は当然迷ってしまいますよね。 リフォームを考え出したならリフォームが完成するまでの流れを知っておいて損はありません ...

2

さて、今このページを見ている貴方はこのステップにいると思います。 情報収集といっても何を調べたらいいか、まさに今、困っている。 違いますか? リフォームは規模や部位、内容によって千差万別、ネット上で検 ...

3

リフォームはまず情報取集。 ある程度希望のリフォームの情報を収集したら次は希望のリフォームができる会社を探すことになります。 情報収集もなかなか手間がかかりますがそれ以上にこの会社探しはもっと手間がか ...

-リフォームの流れ, リフォームを始める

© 2021 リフォームの謎