キッチン

リフォームで解消するキッチンの不満!メーカーが誇るシステムキッチンの機能を抑えよう!

2020年2月26日

今のキッチンに満足していますか?

働き方改革で企業では生産性向上が叫ばれる中、家事もスピードアップを図りたいと思いませんか?

もし、今のキッチンに不満があるなら、それは、キッチンが古くなり、リフォームのタイミングかもしれません。

今のシステムキッチンには、様々な効率化機能が備わっています。

今回は、そんなキッチンの不満と解消するシステムキッチンの機能を紹介します!

 

キッチンのよくある不満はどんなこと?

日々、お料理をするキッチンスペースで不満なことはなんでしょうか?

コンロが足りないとか盛り付けする場所がないとか、いろいろありますが、大きくまとめると不満は3つに分類されます。

 

キッチンの不満の種類

  • 調理作業への不満
  • 洗い物作業への不満
  • 清掃性の不満
  • 収納の不満

では、それぞれ解消するシステムキッチンの機能と一緒に見ていきましょう

キッチンで料理をする時の不満と解消する機能

キッチンで行う作業といえば、もちろん料理です。

料理を行うスペースが狭いという不満の声は意外と多くありました。

  • 料理の下ごしらえや盛り付けをする場所がない
  • 調味料や調理道具を置くスペースがない

キッチンで料理の準備や調理、盛り付けをする場所をワークトップと言います。
シンクとコントの間のスペースのことです。
人造大理石やステンレス素材、最近では、丈夫なセラミック、有機ガラス系など各メーカー工夫を凝らした天板の販売しています。

このワークトップだけでは、足りない調理スペースを補うため、各メーカーが知恵を絞った機能を出してきました。

シンクの上に料理スペースを拡大して不満を解消するキッチン

料理スペースを広げるために各メーカーが出してきた機能が、シンク上で調理を可能にするようなレーン付きのプレートやメッシュラックを取り付けました。

仮置きや、水切りとして使えたり、まな板を置くことができたりと、キッチンを大きく使えるようにしています。

LIXILは、2段でプレートの種類も多く、より立体的な使い方ができ、パナソニックはシンプルで悩まず使えます。
クリナップはシンプルなプレート1枚を移動になりますが、ワークトップの延長と考えれば使いこなしが1番容易です。

LIXIL Wサポートシンク

出典:LIXIL Wサポートシンク

サイドデッキとスライドネットで、シンクの一部が下ごしらえや、仮置き、水切りにも使えるスペースに。

出典:パナソニック PaPaPaシンク

食洗器では洗えない洗い物作業への不満を解消

洗い物の負担は最近では食洗器を使うご家庭も増えたかと思いますが、大物や汚れのひどいものは、どうしてもシンクで洗うことになります。

そんな、洗い物作業を効率的に行えるような機能も最近のシステムキッチンには用意されています。

タッチレスやワンタッチ水栓とワイドなシャワー水栓

洗い物や調理中に手が汚れていても、手をかざすと水が出るハンズフリー水栓や先端部分を軽くタッチするだけで水がでるワンタッチ水栓。

水の出し止めがワンタッチ

出典:TOTO タッチスイッチ水ほうき水栓LF

作業中に手を止め、蛇口をひねる必要がなく、その後に水栓を洗う必要がなくなります。

水のオンオフが簡単なので出しっ放しが防げて節水にも効果があります。

また、最近のトレンドはワイドに広がるシャワー型で、従来のシャワーより広い範囲を一度に洗い流せるようになっています。

時間を短縮

出典:LIXIL ひろびろシャワー

キッチン水栓の浄水器についてはこちらの記事もご確認ください。

キッチン浄水器はどうやって選ぶ?知っておきたいキッチン浄水器の基本

健康意識の高まりとともについに世帯普及率が3割を超えた浄水器。 キッチンをリフォームするついでに取付けたいという方も増えてきました。 キッチンの浄水器はどうやって選べばよいのでしょうか? Conten ...

続きを見る

排水口の工夫でゴミがシンクに残らない工夫

洗い物が終わったら、シンクに残った調理ゴミを排水口まで流してゴミを取る。

その作業に不満を持つ人は多いはずです。

各キッチンメーカーもその不満を解消するため、いろいろな機能を開発していました。

各社シンクの形状や傾斜をつけたり、排水口の位置を工夫し、通常の水栓からの水でゴミがシンク内に留まらず、排水口までたどり着くようにしています。

3°の傾斜でごみがすべり流れる

出典:TOTOスクエアすべり台シンク

流レール

出典:クリナップ 流レールシンク

お掃除・お手入れがしにくいキッチンへの不満

キッチンは部位が多く、その分お掃除・お手入れが大変だと不満の声は多いです。

日常的に掃除したい部分と定期的にお手入れしたい部分と清掃箇所は多岐に渡ります。

各メーカー、様々な部位にお掃除らくちん機能を用意していました。

天板とシンクの継ぎ目を減らしてお掃除への不満を解消

拭き掃除の際に、どうしても継ぎ目があるとそこに汚れがたまりやすい。

そこに目をつけた各メーカーはワークトップとシンクが同一の素材なら一体成型で継ぎ目をなくしたり、継ぎ目をなめらかにして汚れが付着しないようにしています。

出典:LIXIL ピタットジョイント

出典:タカラスタンダード

排水口とシンクも継ぎ目をなくして清潔に

天板とシンクだけでなくシンクの中にある排水口も継ぎ目をなくして汚れがたまりにくくしています。

サッと拭き取るだけなのでヌメリが残ることも少なくなります。

お手入れしやすい一体成形の排水口まわり

出典:TOTO

使いたいものはどこに?収納への不満を解消する機能

最初は、十分だったはずが、いつの間にか増えてしまった調理器具。

または、使いたいはずのものがサッと取り出せず、イライラしてしまう収納。

そんな不満を解消するべく、各社の収納への取り組みはどうなっているでしょうか?

スライド収納がさらに進化してインナー引出しやポケットがついた

昔は、キッチン収納は開き戸が多かったのですが、奥のものが取り出しにくく、引出しタイプのスライド収納が主流となってきました。

しかし、スライド収納でも今度は、収納上部のスペースが無駄になることもあり、各メーカーはスライド収納の中にインナー引出しをつけるタイプも販売を始めています。

連動式の内引き出し

出典:TOTO 連動式の内引き出し

ポケット奥にも収納スペース

出典:LIXIL スライドストッカー

タカラスタンダードのマグネット収納

こちらは、タカラスタンダードのキッチンでシンプルながらオシャレに収納ができるマグネット収納。

どこでもラックの使用例

出典:タカラスタンダード マグネット収納 どこでもラック

グッドデザイン賞も受賞したシンプルなデザインでキッチンをオシャレにコーディネートできます。

 

キッチンを選ぶときはキッチンの何に不満を持っているかを確認しよう

今のシステムキッチンには、様々な日常の不満を解消する機能がついています。

キッチンリフォームを検討する時は、まずキッチンのレイアウトやタイプを選ぶことになりますが、その後はご自身が不満に思っている点を解消する機能があるキッチンを探しましょう。

最初の選び方はコチラから

キッチンリフォーム初心者へ向けて、キッチンを選ぶために最初に決めることは?

一昔前はキッチンは女性のフィールドでしたが、今では男性も料理をするようになり、また間取りがLDKになってきたため、キッチンリフォームにはデザイン性も重視されるようになってきました。 今回の記事ではそん ...

続きを見る

どのメーカーもある程度は、作業性、清掃性、収納について機能を持っています。

それぞれ特徴があり、またリフォーム店によって得意なメーカーが違いますので、メーカーショールームに足を運びつつ、各社に見積もりを依頼しましょう!

スポンサードリンク




リフォームは必ず複数社から見積を取りましょう!

当サイトでは、リフォームは最低でも3社以上に見積もりをとって比較検討することを推奨しています。 あまり、多すぎても大変ですが…。

ネットで地道に検索して、リストアップ。じっくりふるいにかけて選ぶ

面倒だから取り敢えず有名なリフォーム業者を選ぶ

知り合いや伝手を頼って決める

見積を取るにはいろんな方法があると思いますが、上の3つの選び方でよいのでしょうか? 最近では、中古車や引っ越しのようにリフォームも一括で見積もりの依頼ができるサービスが出てきております。 もちろん、リフォームにも比較サイト、一括見積依頼サービスが増えてきました。 その中で、60万人以上が利用する実績No.1「リフォーム会社紹介サイト ホームプロ」をご紹介致します。





 【オススメの理由】

厳しい基準をクリアしたリフォーム会社のみをご紹介。

無料の工事完成保証がついてくる

施主の口コミと施工事例が公開されている

最初に匿名でやり取りができる

特に、リフォーム会社とのやり取りが匿名のままマイページで行える点が安心で、住所や、氏名、電話番号といった個人情報は不要。 電話や訪問などで直接営業される心配はなく、自分のペースで検討できます。 気に入らないリフォーム会社へのお断りも、ボタン1つで気兼ねなくできます。

リフォームの謎 オススメ紹介サイトランキング

リフォームほど大きな買い物は誰だって失敗はしたくありません。

リフォームを成功させるコツは多少の手間はかかっても見積を3社以上から取ることです。

そんな手間と負担を少しでも減らすためにリフォーム紹介サイトを活用しましょう!

業界No.1 利用者数、実績数ダントツのホームプロ

全国で8万件以上が掲載されており、他のリフォーム紹介サイトの追随を許さないほどの膨大な施工事例数。
希望のリフォーム案件を登録すると最大8社と匿名で相見積を取ることができます。

施工事例も希望の部位やテーマ、建物の築年数や構造から検索ができます。
イメージに近い施工事例を探しやすい点で高評価です。

紹介サイトとしては十分な歴史と実績を持つため、万人にオススメできる紹介サイト。

マッチング精度の高さなら!リショップナビ

ホームプロに次ぐ業界No.2のリショップナビ

電話でのヒアリングで詳細に要望が伝えられるため、希望に沿ったリフォーム会社を紹介される可能性が高い紹介サイトです

価格より提案力重視の紹介サイト!タウンライフリフォーム

価格重視のリフォーム紹介サイトが多い中、価格以上に提案内容やリフォームプランの比較に重点を置いたタウンライフリフォーム。 登録している加盟会社も大手やデザイン力に強みを持つ会社が多く、安心できるリフォーム会社で比較ができます。 安さを競うより、品質、デザイン重視のリフォームにお勧めの紹介サイトです。

おすすめ記事一覧

1

さてリフォームするぞ! となってもまずは何からするべきか…… 初めてリフォームをする人は当然迷ってしまいますよね。 リフォームを考え出したならリフォームが完成するまでの流れを知っておいて損はありません ...

2

さて、今このページを見ている貴方はこのステップにいると思います。 情報収集といっても何を調べたらいいか、まさに今、困っている。 違いますか? リフォームは規模や部位、内容によって千差万別、ネット上で検 ...

3

リフォームはまず情報取集。 ある程度希望のリフォームの情報を収集したら次は希望のリフォームができる会社を探すことになります。 情報収集もなかなか手間がかかりますがそれ以上にこの会社探しはもっと手間がか ...

-キッチン

© 2021 リフォームの謎