コラム

【お部屋で快適に過ごすために!】夏の暑さ対策リフォームの選択肢!

毎年、毎年、日本の夏は昔に比べ暑くなってきているような気がしませんか?
日によって40度以上になる地域もあり、屋内にいても熱中症になる方もいらっしゃいます。

冷房が苦手で体調を崩したり、暑さで寝つけず睡眠不足だったりとせっかくのお家でも快適に過ごせません。

夏の悩み。室内が快適に過ごせない。

いまや当たり前になってきた冷房ですが、お部屋にいても今一つ、効きが悪く、さらに冷やそうと冷房のパワーを上げて光熱費が高く、負担という方も多いのではないでしょうか?

強い西日が差しこんで部屋が暑くなったり、風通しが悪く、湿気で蒸し暑いと大量の汗で脱水症状を起こしやすく熱中症になることもあります。
特に、小さなお子様や高齢者は熱中症にかかりやすいため、注意が必要になります。

強い紫外線は窓ガラスを越えて家の中なのに日焼けしたり、家具や床が変色してしまうことも。

高い光熱費を避けるために窓を開けて寝たくても、防犯性を考えると窓も開けられません。

部屋が暑くなるのは何が原因?

お家で最も熱が出入りする場所は「窓」「ドア」といった開口部で、そこから入った熱が室内温度を上昇させています。

そして、風通しの悪さが蒸し暑さとなり、不快指数が上がります。
風通しが悪いと空気が循環せず、外気から伝わった熱でさらに温度が上昇します。
秒速1mの風が吹き抜けるだけで体感温度は1℃下がるので、風通しは大切なのです。

また、断熱性能の低さが、冷房の効率を下げるため、効きづらさと光熱費上昇につながっています。

夏の暑さを抑え、お部屋で快適に過ごすためのリフォームは?

夏にお部屋で快適に過ごすためには、3つの対策があります。

  1. 日差しを遮断する
  2. 風通しをよくする
  3. 断熱性能を高める

3つの対策リフォームをすることで、夏も健康的に、そしてエコに暮らせるお住いが出来上がります。

1.日差しを遮断するリフォーム

夏の室温上昇を防ぐには、入ってくる日差しと熱を減らすことが有効です。
窓にカーテンをするだけでは、太陽の熱は45%しかカットできないそうです。

シェード

それに対して、外に日よけのシェードをつけると80%以上カットでき、室温は最大3℃程度下がります。

もちろん、すだれやよしずも効果はありますが、そのデザイン性と紫外線カット性能から、シェードをお勧めします。

オーニング

オーニングとは、可動式の日よけで厚手のテントのような生地で作られた庇です。
おしゃれでデザイン性の高い商品が多く、もちろん紫外線カット性能もしっかりとしています。

テラスのデッキと組み合わせるとカフェのテラス席のようなおしゃれ空間を作ることもできます。

テラス屋根

テラス屋根は、太陽の光を完全に遮るのではなく、ほどよく取り込むことができます。
冬は完全に日を遮らず、夏は強い日差しを抑えてくれる効果があります。
テラス屋根とタープを組み合わせることで、デザイン性を維持しつつ、夏の快適さに一役買ってくれます。

2.風通しをよくする

あまり、暑くない日は、窓やドアを開けて風を通してやることで、体感温度が下がり、空気を循環させることでこもった熱を開放し、エアコンに頼らないでも快適に過ごすことができます。

この風通しをよくするために窓や玄関ドア等を開放することで心配になるのが防犯性です。

採風玄関ドア

昔からのドアは、密閉性が強いものが多く、ガラス部分は防犯を気にして少な目にという商品が多かったのですが、現在は、その少ないガラス部分が開放され、風を取り込むことができるものが開発されました。
網戸付のタイプもあり、ドアを閉めたまま、風を取り込みつつ、防犯・防虫性能も維持しています。

採風雨戸・シャッター

デュオPG シャッター付引違い窓 2枚建て 半外付型 LOW-E複層ガラス仕様 採風タイプ スマート電動 17409 W:1,780mm × H:970mm LIXIL リクシル TOSTEM

雨戸もシャッターにも採風タイプが開発され、防犯性能を維持しながら、風を取り込むことができるようになりました。
既存の外窓の上から取り付ける施工も簡単なタイプが多いです。
寝苦しい夜も、安心することができます。

地窓・高窓

新しく開口部を設置することになりますが、地窓・高窓を取り付けると風の通り道ができ、室内の空気の循環が促進され、風通しがよくなります。
建物内の温まった空気は上へ上昇し、冷たい空気は下へ移動することから、できるだけ低い位置で風を取り込み、できるだけ高い位置で暖まった空気を追い出すことで室内に空気の流れを作ります。
建物内の風の入口・出口を見極め、建物内を通り抜けやすくすることがポイントです。

開口部を設置するので、プロによる複数プランを作ってもらって検討することが望ましいリフォームとなります。

3.断熱性能を高める

断熱性能を高めるために、最も効果を期待できるのが窓リフォームです。

実は、リフォームの中でも意外と満足度が高いのが窓リフォームです。
水まわり等は設備が古くなった、壊れた等がきっかけで、外壁なども劣化をきっかけにリフォームすることが多く、窓リフォームの優先順位を高くする人は少ないのが現状です。

しかし、住まいの不満で多くを占める①光熱費が高い②結露やカビ・ダニ③冬は寒く夏は暑いという不満解消には、窓リフォームが効果的なのです。

断熱窓は、日差しの熱をカットし、冷房効率を上げることはもちろん、紫外線もカットし、中には電磁波カットまでする商品が開発されています。
夏だけに効果が出るのではなく、冬は熱が逃げるのを防いでくれる優れものです。

単純に取り換える窓だけではなく、内窓・二重窓という既存の窓枠に取付けるだけという施工が簡単な商品もあります。
二回窓を開けないといけないという点がちょっと面倒で、デメリットですが、性能は確保されているので価格との折り合いになるかもしれません。

窓サッシをリフォームする前に知っておきたい工事の種類やアレコレ

お家には必ずある窓。 窓もリフォームするメリットがあることはご存知ですか? 後回しにしがちだったり、なかなか窓をリフォームしようとはなりませんが、窓リフォームをするメリットはたくさんあります。 まずは ...

続きを見る

まとめ

夏を快適に過ごすためのリフォームについてご説明しました。

リフォームというと水まわり・外壁が真っ先に思いつきますが、意外と窓まわりのリフォームが住まいの快適性能を上げることがお分かりいただけたでしょうか?

窓や玄関のリフォームをお考えの方は、窓リフォームで暑さ対策もできることを知っておいてください。

スポンサードリンク




リフォームは必ず複数社から見積を取りましょう!

当サイトでは、リフォームは最低でも3社以上に見積もりをとって比較検討することを推奨しています。 あまり、多すぎても大変ですが…。

ネットで地道に検索して、リストアップ。じっくりふるいにかけて選ぶ

面倒だから取り敢えず有名なリフォーム業者を選ぶ

知り合いや伝手を頼って決める

見積を取るにはいろんな方法があると思いますが、上の3つの選び方でよいのでしょうか? 最近では、中古車や引っ越しのようにリフォームも一括で見積もりの依頼ができるサービスが出てきております。 もちろん、リフォームにも比較サイト、一括見積依頼サービスが増えてきました。 その中で、60万人以上が利用する実績No.1「リフォーム会社紹介サイト ホームプロ」をご紹介致します。





 【オススメの理由】

厳しい基準をクリアしたリフォーム会社のみをご紹介。

無料の工事完成保証がついてくる

施主の口コミと施工事例が公開されている

最初に匿名でやり取りができる

特に、リフォーム会社とのやり取りが匿名のままマイページで行える点が安心で、住所や、氏名、電話番号といった個人情報は不要。 電話や訪問などで直接営業される心配はなく、自分のペースで検討できます。 気に入らないリフォーム会社へのお断りも、ボタン1つで気兼ねなくできます。

リフォームの謎 オススメ紹介サイトランキング

リフォームほど大きな買い物は誰だって失敗はしたくありません。

リフォームを成功させるコツは多少の手間はかかっても見積を3社以上から取ることです。

そんな手間と負担を少しでも減らすためにリフォーム紹介サイトを活用しましょう!

業界No.1 利用者数、実績数ダントツのホームプロ

全国で8万件以上が掲載されており、他のリフォーム紹介サイトの追随を許さないほどの膨大な施工事例数。
希望のリフォーム案件を登録すると最大8社と匿名で相見積を取ることができます。

施工事例も希望の部位やテーマ、建物の築年数や構造から検索ができます。
イメージに近い施工事例を探しやすい点で高評価です。

紹介サイトとしては十分な歴史と実績を持つため、万人にオススメできる紹介サイト。

マッチング精度の高さなら!リショップナビ

ホームプロに次ぐ業界No.2のリショップナビ

電話でのヒアリングで詳細に要望が伝えられるため、希望に沿ったリフォーム会社を紹介される可能性が高い紹介サイトです

価格より提案力重視の紹介サイト!タウンライフリフォーム

価格重視のリフォーム紹介サイトが多い中、価格以上に提案内容やリフォームプランの比較に重点を置いたタウンライフリフォーム。 登録している加盟会社も大手やデザイン力に強みを持つ会社が多く、安心できるリフォーム会社で比較ができます。 安さを競うより、品質、デザイン重視のリフォームにお勧めの紹介サイトです。

おすすめ記事一覧

1

さてリフォームするぞ! となってもまずは何からするべきか…… 初めてリフォームをする人は当然迷ってしまいますよね。 リフォームを考え出したならリフォームが完成するまでの流れを知っておいて損はありません ...

2

さて、今このページを見ている貴方はこのステップにいると思います。 情報収集といっても何を調べたらいいか、まさに今、困っている。 違いますか? リフォームは規模や部位、内容によって千差万別、ネット上で検 ...

3

リフォームはまず情報取集。 ある程度希望のリフォームの情報を収集したら次は希望のリフォームができる会社を探すことになります。 情報収集もなかなか手間がかかりますがそれ以上にこの会社探しはもっと手間がか ...

-コラム

© 2021 リフォームの謎