リフォームを始める

どうしてリフォームするの?みんなのリフォームのきっかけは?

2017年9月3日

このページに辿りついた貴方は、恐らくリフォーム検討の真っ最中だと思います。
探し始めてまだ日が浅い貴方も、いくつもサイトを探し回って辿りついた貴方も一度、なぜ自分がリフォームをするのかじっくり考えてみましょう。
なぜリフォームをするのか?
リフォームの動機を明確にすることで、リフォームのゴールを意識することができます。

リフォームのきっかけ

リフォームが必要な貴方にはリフォームを考えるきっかけがあったはず。
世の中の人たちがどんな理由でリフォームをすることになったのか、ちょっと見てみましょう。

いろんなリフォーム会社やメーカーのサイトを見てみると多く言われているのが以下の3つです。

  1. 住宅設備が壊れた
  2. 今の住まいに不満を感じた
  3. ライフスタイルの変化

以下は国土交通省が2017年4月に発表した平成28年度の住宅市場動向調査のリフォームの動機についての結果です。

2.1.2 リフォームに関する意思決定
(1) リフォームの動機
リフォームの動機は、「住宅がいたんだり汚れたりしていた」が 45.1%で最も多く、次いで「家を長持ちさせるため」が 31.4%、「台所・浴室・給湯器などの設備が不十分だった」が31.0%。

<出典:「平成28年度住宅市場動向調査(国土交通省)」より>

 

よくリフォームサイトで掲載されている理由とは若干、表現が異なりますが、住宅市場動向調査ではボリューム感が分かりますね。

やはり、お家のどこかが壊れたことがリフォームを考えるきっかけとしては多いようです。

「家を長持ちさせるため」というのがイメージがつきづらいですが、リペア(修繕)レベルの需要も多いということでしょうか?

「台所・浴室・給湯器などの設備が不十分だった」も多いことからリフォーム会社が挙げている「今の住まいに不満を感じた」というのも大外れではないようです。

但し、水回りへの不満ですので、デザインを追い求めたり、流行りのブルックリン風や北欧風に変えたいという人は全体から見たら少数派なのかもしれません。

最後にリフォーム会社がよく挙げているライフスタイルの変化は、家族の構成人数が変わったり、高齢化による住みやすい家へのリフォームが代表的な例ですが、この資料を見ると実はそんなに多くないのでは?と思ってしまいます。

さて、あなたのリフォームはどのきっかけに該当しますか?

リフォームはなんとなくでは始められてない高価な買い物です。

あなたがリフォームをしようと思ったきっかけによってプロセスとゴールが変わってきます。

次からきっかけ別のリフォームのポイントをご紹介しましょう。

 

住宅設備が壊れた

お家のどこかが壊れてしまった。
だからリフォームが必要になった。

このパターンは初めてリフォームする方には多い理由ではないでしょうか?
問題は壊れた部位や程度によってリフォームの緊急性が大きく変わってきます。

例えば、給湯器が壊れてお湯が出ない!といった生活にダイレクトに影響するような部位なのか、トイレの便座にヒビが入ってるといったようなある程度、生活が続けられる破損なのかで、会社や商品を選んでる時間や工事に入らなければならないスピードが変わってきます。
リフォーム会社を選ぶ余裕がない場合もあるかもしれません。

緊急性が高い場合は、工事にいつ入れるかという着工日も会社選びの大きな要素になってきます。

リフォームまで行わず、リペア(修繕)で済まし、当面をしのぎ、計画的にリフォームするという手もあります。

 

ポイント

緊急性が高いリフォームなら工事日が重要!

当面はリペア(修繕)で凌ぐのも選択肢に入れておこう!

小工事や住まいの修理はリフォーム会社に頼むのが本当にいいの?

リフォームと言ってもその中にはいろんな種類があります。 全面改装、浴室・キッチンと言った箇所リフォーム、修繕工事・・・etc 最近ではリノべが流行っていますが、実際にはそこまで大きなリフォームじゃなく ...

今の住まいに不満を感じた

新築時にできなかった外構や内装を変えたい。
北欧風のおしゃれなお家にしたい。
壊れてないけどキッチンをおしゃれで便利なものに変えたい。

このパターンのリフォームは、新築時に資金の関係で断念した為、既に計画していたり、資金に余裕があって自分のごだわりをすまいでも表現することが幸せにつながる方のリフォームです。

じっくりと満足のいくデザイン事例を多く持つ会社を探しましょう。
外構ならお家の外壁とのマッチや内装なら、インテリアとの調和も確認します。
何社ともデザインプランをやり取りするので時間もかかります。
いくつもの提案を受けていると当初の自分が思い描いたイメージとずれてくることがありますが、都度、最初のリフォームの動機を思い出し、優先順位を再確認してプランを選ぶことが重要です。

 

ポイント

デザイン重視ならデザイン事例を多く持つ会社を!

外壁やインテリア、現状のお家との調和も考えよう!

当初の目的を忘れずに!優先順位は常に確認!

リフォームは価格じゃない!提案力で比較のタウンライフリフォームの独自評価!

Contentsタウンライフリフォームの特徴タウンライフリフォームの評価詳細加盟・紹介業者施工事例保証制度匿名性サイト操作性他のリフォーム紹介サイトも確認しよう タウンライフリフォームの特徴 ダーウィ ...

ライフスタイルの変化

子供部屋が必要になった。
子どもが独立した。
高齢で段差が辛い
等々

このパターンは住み方が変わったことにより、暮らしやすくするためのリフォーム。
人生の節目に起こるリフォームです。
ライフスタイルの変化がリフォームの理由なら変化が起こってからではなく、起こる前に計画を立てておくことが重要です。
特に高齢者向けのバリアフリーリフォームは、国や市の補助金を活用する資金面での知識や段差解消や手すり設置だけでなく、住む人が本当に暮らしやすい意味のあるリフォームにしなくてはいけません。
浅い浴槽にしたり、トイレの幅を拡張したりと方法もたくさんあります。
会社を選ぶポイントも高齢者向けのリフォーム事例を多く用意しているか、補助金や税制の知識は十分備わっているかも確認しましょう。

ポイント

事前に計画を立ててリフォーム時期を迎えよう!

補助金や税制等、リフォーム資金も計画的に!

そのリフォーム本当に必要?高齢者のリフォームに変化の兆し?

水廻りリフォームの主役といえばお風呂。 そして、リフォームを考えるのは、若い層より、ある程度、年配の方が多いです。 長年住んで老朽化したお風呂をリフォームを考えるのは自然なことです。 また、介護や自分 ...

 

リフォームは必ず起こるもの

大きく3つにリフォームのきっかけをみていきましたが、永遠に劣化しない家は存在しない以上 お家が壊れたを動機としたリフォームは持ち家、マンションを購入した人には必ず発生してきます。
もちろん、そんなことは誰でも知っています。
しかし、具体的にいつ、何が壊れるのか、リフォームにはどれくらいお金がかかるのかを知識として持っているでしょうか?

企業が保有する施設や工場は主に総務部のような部署が管理していますが、そこではFM(Facility management)やTPM(Total Productive Maintenance)といった概念の元、事後保全、予防保全、改良保全を駆使し、最小コストで最大効果を目指した活動に取り組んでいます。
一般消費者のお家でも同じような概念の元、極力コストを抑えてお家での幸せな生活を送ることを目指すべきでしょう。
その為にお家に住む人はリフォームの正しい知識を備える必要があるのです。
当サイトでは、皆さまのリフォームを少しでも成功に近づけるために、リフォーム会社の選び方を中心にリフォーム情報を発信していきます。
異業種参入で玉石混合、混沌としたリフォーム業界の謎を一緒に解き明かしませんか?

スポンサードリンク




リフォームは必ず複数社から見積を取りましょう!

当サイトでは、リフォームは最低でも3社以上に見積もりをとって比較検討することを推奨しています。 あまり、多すぎても大変ですが…。

ネットで地道に検索して、リストアップ。じっくりふるいにかけて選ぶ

面倒だから取り敢えず有名なリフォーム業者を選ぶ

知り合いや伝手を頼って決める

見積を取るにはいろんな方法があると思いますが、上の3つの選び方でよいのでしょうか? 最近では、中古車や引っ越しのようにリフォームも一括で見積もりの依頼ができるサービスが出てきております。 もちろん、リフォームにも比較サイト、一括見積依頼サービスが増えてきました。 その中で、60万人以上が利用する実績No.1「リフォーム会社紹介サイト ホームプロ」をご紹介致します。





 【オススメの理由】

厳しい基準をクリアしたリフォーム会社のみをご紹介。

無料の工事完成保証がついてくる

施主の口コミと施工事例が公開されている

最初に匿名でやり取りができる

特に、リフォーム会社とのやり取りが匿名のままマイページで行える点が安心で、住所や、氏名、電話番号といった個人情報は不要。 電話や訪問などで直接営業される心配はなく、自分のペースで検討できます。 気に入らないリフォーム会社へのお断りも、ボタン1つで気兼ねなくできます。

リフォームの謎 オススメ紹介サイトランキング

リフォームほど大きな買い物は誰だって失敗はしたくありません。

リフォームを成功させるコツは多少の手間はかかっても見積を3社以上から取ることです。

そんな手間と負担を少しでも減らすためにリフォーム紹介サイトを活用しましょう!

業界No.1 利用者数、実績数ダントツのホームプロ

全国で8万件以上が掲載されており、他のリフォーム紹介サイトの追随を許さないほどの膨大な施工事例数。
希望のリフォーム案件を登録すると最大8社と匿名で相見積を取ることができます。

施工事例も希望の部位やテーマ、建物の築年数や構造から検索ができます。
イメージに近い施工事例を探しやすい点で高評価です。

紹介サイトとしては十分な歴史と実績を持つため、万人にオススメできる紹介サイト。

マッチング精度の高さなら!リショップナビ

ホームプロに次ぐ業界No.2のリショップナビ

電話でのヒアリングで詳細に要望が伝えられるため、希望に沿ったリフォーム会社を紹介される可能性が高い紹介サイトです

価格より提案力重視の紹介サイト!タウンライフリフォーム

価格重視のリフォーム紹介サイトが多い中、価格以上に提案内容やリフォームプランの比較に重点を置いたタウンライフリフォーム。 登録している加盟会社も大手やデザイン力に強みを持つ会社が多く、安心できるリフォーム会社で比較ができます。 安さを競うより、品質、デザイン重視のリフォームにお勧めの紹介サイトです。

おすすめ記事一覧

1

さてリフォームするぞ! となってもまずは何からするべきか…… 初めてリフォームをする人は当然迷ってしまいますよね。 リフォームを考え出したならリフォームが完成するまでの流れを知っておいて損はありません ...

2

さて、今このページを見ている貴方はこのステップにいると思います。 情報収集といっても何を調べたらいいか、まさに今、困っている。 違いますか? リフォームは規模や部位、内容によって千差万別、ネット上で検 ...

3

リフォームはまず情報取集。 ある程度希望のリフォームの情報を収集したら次は希望のリフォームができる会社を探すことになります。 情報収集もなかなか手間がかかりますがそれ以上にこの会社探しはもっと手間がか ...

-リフォームを始める

© 2021 リフォームの謎